新着情報?

このアップデートにより、Sherlock は、エリアの作成を容易にすることから、Procore とのクラッシュ コメントの同期まで、多数のアップグレードを実現しました。Daily とプラットフォームでは、エリア管理が改善され、ロゴから会社の色を自動的に取り込むなど、使いやすさを向上させるアップグレードがいくつか実施されました。PlanScan では、付箋印刷の大幅なスマート化から P6 の大幅な改善まで、12 の新しい主要機能で、私たちが全力を尽くしたことがわかります。今すぐすべてを確認してください。
Sherlockロゴ
  • ナビスワークス 2025
  • Orient カットプレーン Z オフセット
  • 分離ボックスのオフセット
  • Procore 統合アップデート
サーバー
  • エリアの編集が簡単になりました
  • ロゴから会社の色を自動で選択
Dailyロゴ
  • より目立つロールオーバーオプション
  • 新しい作業ログの確認を追加する
Sherlockロゴ
  • 新しい差異理由機能
  • タイムラインを巨大なPDFに印刷する
  • 完全に再設計されたP6エクスポート
  • 空白の付箋印刷のアップデート
Sherlockロゴ

シャーロック

Navisworks プラグインは、Navisworks だけでは提供できない機能やパワーアップの世界を解き放ちます。

Sherlockは初めてですか? ここをクリック

Navisworks 2025 サポート

Navisworks 2025のサポートがここにあります! https://flypaper.com/sherlock-download-links2025 サポートのリリースに伴い、2021 サポートは終了します。Sherlock 2021 は引き続き動作しますが、機能やバグのアップデートは受信されなくなります。

Orient カットプレーン Z オフセット

新しい Orient Z オフセット設定を追加しました。これにより、マルチレベル モデルで Orient が作成する自動カット プレーンにオフセットを追加できます。これは、そのカット プレーンを上のレベルの仕上げ床の下に設定するのに最適です。

 

境界ボックスのオフセットを分離する

設定ダイアログで X、Y、Z 拡張オフセットを指定して、デフォルトの分離境界ボックスを調整できるようになりました。これにより、選択したクラッシュまたはアイテムの周囲にバッファを提供する値によって初期境界ボックスが拡大されます。

解決済みの衝突に対して視点を作成できるようになりました

以前は、ビューポイントは、新規、アクティブ、レビュー済み、および承認済みのクラッシュに対してのみ生成できました。現在は、解決済みのクラッシュに対してもビューポイントを生成することを選択できるようになりました。

Procore 統合アップデート

  • 作成された Procore CI の説明フィールドに、衝突からのコメントや赤線テキストを引き出す機能が追加されました。
  • 衝突が承認され、linkedProcore CI のステータスが「レビュー準備完了」または「観察に移動」に変更された場合、同期ツールは何も行いません。以前は、承認された衝突が「レビュー済み」に変更されていました。
  • Procore 統合で問題を作成するための取引フィールドを追加しました。これは、構成可能なフィールドセット設定にも接続されています。
プロコアのロゴ

バグ

私たちはいつもバグを潰すのに一生懸命取り組んでいます!
  • Procore に何度もログインする必要がある問題を修正しました。
  • 一部のCIが作成されない問題を修正しました
  • ファイル名にアポストロフィが含まれている場合に領域が保存されない問題を修正しました。
  • Procore アカウントに接続できない問題を修正しました。
  • ビューポイント ツールからのビューポイントの分離が設定ダイアログの分離拡張オフセットを尊重しない問題を修正しました。
サーバー

プラットホーム

すべての FlyPaper を作成するためのベースを構築します。

エリアのより良い管理

プロジェクト管理のエリア管理は、使いやすさの向上とエリアの並べ替えに関するバグの修正に重点を置いて書き直されました。

ロゴから会社の色を自動で選択

このリリースでは、プロジェクト内の会社にロゴをアップロードし、その会社にまだ色が定義されていない場合、ロゴを分析し、ロゴで見つかったメインカラーを会社に自動的に割り当てるようになりました。必要に応じていつでも別の色を手動で選択できるのでご安心ください。

Dailyロゴ

毎日

私たちの教育長報告ツール。現場で何が起こっているかを報告するだけです。

デイリーは初めてですか? ここをクリック

より顕著なロールオーバー機能

Daily は、常に日ごとに作業ログをロールオーバーしていますが、デフォルトでは空白になっています。前日のデータをコピーしたい場合は、「詳細を表示」ボタンをクリックしてから「ロールオーバー」ボタンをクリックする必要がありました。このボタンはそのままですが、作業ログにアラートを追加し、すばやくアクセスできるようにデータをロールオーバーするかどうかを尋ねます。

別の作業ログを追加してもよろしいですか?

一部のユーザーは、毎日「作業ログを追加」をクリックする必要があると誤解しています。これは正しくありません。前日の作業ログは自動的に空白のまま今日にロールオーバーされます。このため、一部のユーザーの毎日の作業ログは何百個も空白になっています。現在、ユーザーが 2 つを超える作業ログをすでに持っている場合に新しい作業ログを追加しようとすると、「よろしいですか?」というダイアログが表示されるようになりました。ユーザーが「いいえ」をクリックすると、作業ログのリストが自動的にフィルターされ、そのユーザーの作業ログだけが表示され、編集する最初のログまでスクロールされます。

バグ

  • アンケートに回答すると、はい/いいえボタンが変わることがあります
    一部の Daily プロジェクトでは、後続の質問に答えるとアンケートの回答がリセットされていました。このバグは解決されました。
Planscan ロゴ ブルー

PlanScan の更新

仮想および物理的なプル プランニング ソリューションで、現在プライベート ベータ版です。

もっと知りたい?お問い合わせ先 support@flypaper.com

差異の理由

プロジェクト管理で、「差異の理由」と呼ばれる新しい PlanScan 機能をオンにできるようになりました。有効にすると、進行中のアクティビティの日付が変更された場合、アプリは変更の理由を尋ねます。プロジェクト管理では、理由のプリセット リストを定義できます。

レビュータブの差異理由

プロジェクト管理で「差異の理由」が有効になっている場合、進行中のアクティビティの日付が変更される場合は、変更の理由が必要になります。理由が提供されない場合、アクティビティは PlanScan の「レビュー」タブに配置され、後日理由を記入できるようになります。

 

アクティビティの差異タブ

アクティビティの「差異の理由」タブに移動して、アクティビティの「差異の理由」を確認できるようになりました。

 

グリッドビューとリストビューの違いを覚えておいてください

プラットフォーム全体にちょっとした利便性向上を施し、アプリを更新したときに、レコードのリスト ビューとグリッド ビューのどちらを使用していたかを記憶するようになりました。以前は、リスト ビューを使用する場合は、アプリを開くたびにクリックする必要がありました。

空の付箋を空白バージョンで埋める

アクティビティを印刷すると、ページを埋めるのに十分なアクティビティがない場合がありました。以前は、印刷中にそれらの付箋は空白のままになり、役に立たなくなっていました。今では、会議中に手書きのアクティビティとして使用できるように、QR コードを含む空白の付箋でそれらの空の付箋を自動的に埋めることができます。

 

複数の会社の空白の付箋を印刷する

空白の付箋ページを印刷するときに、複数の会社を選択できるようになりました。2 つの会社と 2 ページを選択すると、会社ごとに 2 ページの空白の付箋が作成されます。

 

タイムラインをPDFに印刷する

ご要望にお応えしました。PlanScan タイムライン全体を 1 ページの PDF に印刷して、チームに配布できるようになりました。PDF のサイズも選択できるので、トレーラーの壁にスケジュール全体を印刷したい場合も、この機能で印刷できます。

 

P6 WBSをインポートしてエリアを自動的に作成します

前回のリリースでは、プロジェクトの領域に P6 WBS ID を追加する機能を追加しました。P6 からアクティビティをインポートする場合、P6 のアクティビティの WBS に基づいて、それらのアクティビティに領域を自動的に割り当てることができるため、これは非常に便利です。今回のリリースでは、さらに一歩進んで、P6 WBS エクスポートからプロジェクトの領域を作成できるようになりました。これにより、P6 プロジェクトから Excel に WBS をエクスポートするだけで、領域をすばやく簡単に作成できます。

 

空白の付箋PDFページの余白にメモを追加しました

空白の付箋 PDF ページには固有の QR コードが含まれているため、コピーして再度印刷することはできません。すべてのユーザーがこのことを認識できるように、すべての空白の付箋 PDF の余白に「QR コードは再利用できないため、複数回印刷しないでください」というメッセージを追加しました。

 

P6アクティビティのインポートで日付を更新できるようになりました

このアップデートの前は、P6 からアクティビティを 2 回インポートすると、PlanScan でそれらのアクティビティが 2 回作成されるだけでした。現在は、すでにインポートされたアクティビティを識別し、それらのアクティビティのリストを表示し、P6 インポートでそれらのアクティビティの日付が異なる場合は、P6 からの新しい日付の横に PlanScan の既存の日付を表示します。その後、ケースバイケースでそれらの変更を受け入れ、PlanScan の日付を更新するオプションがあります。

 

完全に新しいP6エクスポート

このリリースでは、P6 エクスポートの仕組みが完全に書き換えられました。現在、PlanScan が更新して返す P6 アクティビティの最新のエクスポートが必要になります。また、PlanScan のすべてのアクティビティに「マスター スケジュールで追跡」トグルを導入しました。これがオンになっている場合にのみ、そのアクティビティの P6 アクティビティが作成されるか、そのアクティビティの日付変更によって更新されます。この新機能のデモ ビデオを近日中に公開する予定です。

 

期間マイルストーンタイプを削除しました

このリリースでは、PlanScan のマイルストーンから期間タイプを削除しました。このタイプはユーザーにとって非常に混乱を招き、Last Planner システムには開始と終了のマイルストーンのみが存在していました。これにより、PlanScan はそれと一致するようになります。

 

バグ

  • このリリースでは多くの小さなバグを修正しました。使用していくうちに PlanScan がより安定していることに気付くはずです。

我々はあなたから聞きたい!

アプリバーのフィードバックボタンをクリックすると、フィードバックやバグを簡単に共有できます。また、そこからスクリーンショットやファイルを添付して、共有しようとしている内容を文書化することができます。 

FlyPaper Academy

SherlockまたはDailyの使用方法に関するプロのヒントが必要ですか? FlyPaperの製品を最大限に活用する方法を示す一連のチュートリアルをご覧ください。

コンテンツへスキップ